個別指導塾の指導形態は生徒の学力の向上に繫がる

個別指導の指導形態

女生徒

一対一の指導以外もある

本来、個別指導塾では生徒1人に対して1人の講師が付きますが、それ以外の指導形態として講師1人に対して生徒が2人の場合もあります。これは他人がそばにいることで競争心の向上を与える効果を持った指導法になります。

独自のソフトを組み込んだ映像指導

講師がついているとなかなか勉強できない、かと言って家での自主学習もはかどらない、こういった生徒向けに独自のソフトを使っての映像授業を行う指導塾もあります。映像を見ながら分からない所だけ質問が出来るというメリットがあります。

学生だけでなく社会人向けの指導も

個別指導塾では学生だけでなく、学校を卒業して働いている社会人向けに指導を行うこともあります。学校には行けないが勉強はしたいという学習意欲の高い方々からたくさんの支持を受けています。

個別指導塾への入塾の流れを紹介

どの塾にに入塾するのかを探す

個別指導塾は数多く存在しているので、インターネットを使って探したり、口コミや評判を調べてみたりするというのが一般的に行われています。その中でこの塾にしてみようかな、という塾が見つかれば問い合わせを行なってみましょう。

連絡をした後に面談の日程決め

塾が決まって問い合わせを行えば面談の日程が組まれます。基本的に日程は塾側ではなく問い合わせした側で決めることが出来るので、仕事が忙しくてもスケジュールに合わせることが可能です。

入塾する生徒に対しての講師を決める

面談では生徒の成績、本人の性格、どういったことが目的なのか、などの情報を元に入塾する生徒に合った講師を決めます。講師も複数いるので気になる講師がいるのであればあらかじめ伝えておくといいでしょう。

講師付きでの無料体験

講師が決まればそのまま入塾、ではありません。その講師でいいのか、生徒が勉強しやすい環境なのかを判断するために無料体験を行うことが出来ます。その結果によって入るか入らないかを決めることが出来るのです。

問題がなければそのまま入塾

講師にも環境にも問題がなければ入塾となります。塾に入った後は生徒の学習意欲や勉強へ取り組み、学力がどれだけ向上したのかを定期的に確認する事が出来るため、進歩が目に見えてわかるようになるのです。

社会人でも通える塾はたくさんある

社会人になっても学歴が必要なときもあり、あらためて勉強してみたいと思う方は多いでしょう。こうした方々に向けて様々な学習塾で社会人向けに指導を行なっています。大人になってからの勉強も面白く感じるでしょう。